地鎮祭とは?|豆知識

「じちんさい」または「とこしづめのまつり」と読むこともあります。

 

土木工事や建物を建てる際、工事を始める前に行います。日本では古来より、地域や土地に神様が宿っていると考えられています。

 

その土地の神(氏神)を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得ることで、工事の無事や安全、竣工後の建物や家の繁栄を祈る儀式のことを言います。

 

氏神様が鎮まっている土地に家を建て、工事などで騒がせてしまうのですから、氏神様の怒りを招かないように、ご神塩やお神酒でその土地を清め丁重にご挨拶をして、工事にかかる前に土地の氏神様を鎮め許可を頂きます。

 

地鎮祭とは、そもそも、神さまの土地を使用させて頂くお願いと、工事が無事故でつつがなく終わりますようにお願いする儀式です。

 

神道形式の地鎮祭が一般的

地鎮祭は神式と仏式がありますが、神道形式で行われるのが一般的です。

 

もともと、土地の氏神様を祀っている神社が地鎮祭を行うのが、慣例とされていましたが、最近では氏神、産土神、鎮守の神が同一視されるようになってきていますので、最も近い場所にある神社に依頼することが多くなってきています。

 

地鎮祭の日取りですが、吉日を選んで行なわれることが多いようです。

地鎮祭の吉日とされるのは、大安、先勝(または友引)の日です。儀式は、暦を見て大安または先勝(または友引)の日を選び、午前中に行います。

手配や準備は施工会社、工務店に依頼するのが一般的で、出席するのは、施主、施工会社、工事関係者、神職です。

 

日本以外では韓国や台湾でも、地鎮祭に似たお祓いをすることがあるそうです

 

このページを読んだ人は、こちらの豆知識ページもチェックしています

準備中

※「この神社について取り上げて欲しい!」というご希望がありましたら、こちらのお問い合わせフォームからご意見送付下さい